イミダペプチドでアレルギーを発症する可能性

イミダペプチドにはアレルギーを発症する可能性が高い成分は含まれているのか?これ、食べ物に過敏に反応してしまう体質の方にとって食品アレルギーはすごく深刻な問題ですよね。たとえ健康と体力を維持するうえで効果的な栄養成分でも、アレルゲンが含まれていればヒスタミンが過剰に反応して体の局所で炎症を引き起こし粘膜が腫れてしまうなど、多くの不快な症状を引き起こす。そうなると他の疲労回復方法を試さないといけなくなるわけですからね。

 

問題は、イミダペプチドに含まれる成分が細胞内で異物とみなされるのかどうか。リンゴやはちみつ、鶏肉に含まれる成分を異物と捉えてしまう体質の方がアレルゲンを摂取した場合、血液中のIgE抗体と結合してしまいアレルギーの発症を引き起こす可能性が考えられます。実際にイミダペプチドを飲んだ結果、アナフィラキシーショックのような症状に陥ったお客さんが出たという報告がないので心配のないレベルだと思います。

 

鶏肉・リンゴ・はちみつにアレルギーがある方は注意して

 

結論から言うと日本予防医学では、イミダペプチドにアレルギーを発症させる確率が高い成分は含まれていないとのこと。なので、一般の方が普段の疲労回復のサポートにイミダペプチドのサプリメントやドリンクを飲むのは健康上問題ないはずで、新たにアレルギーを発症するリスクは低いはずですね。ただ、一つ気になるのは既にアレルギー体質の方はどうなるのか。皮膚科等の食物アレルギー検査で鶏肉・リンゴ・はちみつに対して陽性反応を示した方のケースです。

 

まず鶏肉にアレルギー反応を示す方の場合は要注意です。というのも、既に鶏肉の成分がアレルゲンとなってしまう場合、その反応がチキンエキスによるものなのか、肉のタンパク質によるものなのか判断が難しい。実はその判断が高度で精密なアレルギーチェックでも検出しにくいと言われています。この場合は、イミダペプチドのサプリメントやドリンクを使うのは医師と相談してからにし、使わないほうが良いとの診断が下された場合は、鶏肉以外の食品から安全にイミダゾールジペプチドを採り入れることを検討してみると良いでしょう。

 

次にリンゴにアレルギー反応を示す場合も要注意です。リンゴにもアレルギーがあり、微量の果汁を飲んだだけでも唇や瞼など粘膜が腫れたり全身が痒くなったりすることがあるようです。もしリンゴだけがアレルゲンで鶏肉なら反応が出ない場合は、イミダペプチドのサプリメント(ソフトカプセルタイプ)を選ぶことでアレルギーのリスクを回避しながら抗疲労に有効な成分を摂れそうです。日本予防医学以外のメーカーからも似たタイプのサプリメントが販売されてるので、楽天市場やAmazon等で調べ、価格との折り合いがつくと思われるイミダペプチドを選ぶと安全に疲れを癒せると思います。。

 

最後にはちみつにアレルギー反応を示す場合も要注意。はちみつもアレルゲンの一種ですし、特に1歳未満の子供にボツリヌス症の危険性があることが理由で与えないよう注意書きされているほどです。まぁイミダペプチドのドリンクを1歳未満の子供に飲ませる親はいないと思いますが、大人の方でもはちみつにアレルギーがある場合はイミダペプチドのサプリメントを選ぶと安全なリスク回避になりますね。

 

基本的に、日常生活の食生活でアレルギーを発症せずに健康的な生活が出来ている方ならば、イミダペプチドのアレルギーに不安を持つ必要はなさそうです。そもそも、左記に挙げた3つの食品から抽出してる成分は微量だし、鶏肉以外の成分はほんの風味づけに使われている程度の量。遅延型のフードアレルギーの可能性もなければ、特に不安視する必要もなさそうです。現在、何を食べても特に体調不良に陥ったことがない方は、イミダペプチドで抗疲労の作用を得てみては如何でしょうか。

 

追記:ゼラチン・グリセリンもアレルギーの可能性あり

 

ちょっと個人的にはショックな情報なんですが、なんとゼラチンやグリセリンもアレルギーを発症する可能性はあるのだそうです。この2つの成分はイミダペプチドのサプリメントの加工に使われている成分ですから、もしヒスタミンが異常な反応を示してしまう場合は要注意となります。ただ、この2つの成分で全身が痒くなるなどの症状に苦しむ方は非常に少ないのが実際のようです。先述したように、普段ソフトカプセル型になったビタミンやミネラルのサプリメントを飲んだり、ゼラチンが含まれている食品の代表格、ゼリーを食べても下痢や吐き気、蕁麻疹などの症状を発症することがないのなら、イミダペプチドのサプリメントは安全だと思います。

 

ちなみに、ゼラチンはグミキャンディやゼリーなどのお菓子にも含まれている成分です。グミやソフトキャンディの袋には、アレルギーを起こす可能性のある原材料としてゼラチンが記載されていることがあります。グミキャンディを食べてもアレルギーを起こした経験のない方であれば、ゼラチンが含まれていても問題はないはずです。

 

グリセリンのアレルギーが気になる場合は、歯磨き粉やマウスウォッシュ、化粧品を使った後に異変を感じた過去があったかを振り返ってみましょう。グリセリンは日用品の中に含まれる成分なので、無意識的に摂取しています。歯磨き粉などを使ってもアレルギーを起こしたことがなければ、イミダペプチドのソフトカプセルを飲んでも大丈夫だと思われます。