日本予防医学のイミダペプチドに使われる原材料は安心です

昨今、外食産業では原材料の産地が非常に大きな社会問題になっています。企業によっては消費者である私達の信頼が損なわれ、大ダメージとなり減収減益は避けられない状況にまで追いやられるケースもあるほどに原材料の産地の問題がクローズアップされてます。
さて、原材料の産地は外食チェーンに限らず、サプリメントの原料として使われる食材も同じです。私は現在日本予防医学のイミダペプチドのサプリメントを愛飲してますが、購入する前には原材料として使われる鶏の胸肉の原産地が非常に気になってました。もし、安心できる国で育てられた鶏肉であるならば、たとえ疲労回復に効果が見込めたとしても絶対に使わない。多少食べ難くても国産の鶏胸肉を毎日調理してイミダペプチドの成分を摂るように努力しようとさえ思ってました。

 

肝心の日本予防医学のイミダペプチドは国内産の鶏胸肉からイミダゾールジペプチド含有のチキンエキスを抽出しているそうです。また、奈良県の協力工場にてサプリメントに加工されてます。協力工場の名称等は明らかにされてませんが、日本予防医学のイミダペプチドは産官学連携プロジェクトの形で研究が進められてる以上、工場の食品トレーサビリティ管理においても問題なさそうだと判断しました。

 

他社のイミダペプチドの原材料は外国産?それとも国内産?

 

日本予防医学以外にもイミダペプチドは沢山のメーカーから独自の商品名で販売されてます。そのなかには疲労の軽減には効かないことが明白なサプリメントもありますが、複数のメーカーのイミダペプチドは楽天市場やAmazonなど国内のオンラインショッピングサイトで取り扱われてます。そんな競合品のイミダペプチドサプリメントに使われる原材料の原産地を調べてみようと思いました。

 

ところが、残念ながら原材料の鶏胸肉の原産地は表記されてませんでした。確認できる表記としては、「国内提携工場から仕入れ」や国内のGMP認定工場で製造・・・、といった表記です。これではそのメーカーのイミダペプチドに使われている原材料が国内産なのか外国産なのか判断に困ります。願わくば、鶏胸肉の産地だけはしっかりと明記してもらいたいものです。安心してイミダペプチドを飲み続けるためにも、原材料の産地ははっきりと明記すべきですね。

 

イミダペプチド サプリメント | 慢性疲労の回復効果を試すのトップページへ