イミダペプチドのサプリメントを飲まずとも疲労は回復できる

慢性疲労を回復させるために効果的な方法は、何もイミダペプチドのサプリメントを摂ることだけではない。実は疲労が残る原因となっている生活習慣をほんの少し変えるだけでも大きな改善効果が望めます。イミダペプチドのサプリメントを摂る疲労回復サポート法はどうしてもお金がかかります。手軽に疲労しにくい体質作りをサポートできるわけですから、その価値を払うのは至極当然ですね。

 

しかし、手軽に抗疲労成分を補うのは根本的な解決策とはならないケースもあります。なぜなら、現在継続した疲労感に悩んでいる原因の多くは日ごろの生活習慣によるものが大きいからです。サプリメントによって抗疲労成分を摂ることを継続しても効果が実感できない方は、やはり生活習慣の改善をほんの少しだけでも意識してもらえたらと思います。

 

さて、では具体的にサプリメントに頼らずに体力を回復させたり、心を癒したりするにはどんな方法があるのでしょうか?

 

睡眠時間と就寝時間を決めてしまおう

 

私達人間には皆共通の概日リズムが存在しているといわれてます。これは、体内時計とか腹時計と呼ばれているもので、眠気を催す時間や覚醒の時間にも大きな影響をもっている遺伝子的なメカニズムのこと。例えイミダペプチドのサプリメントやドリンクを飲み続けたところで、概日リズムが狂った状態では慢性疲労の状態から脱することはできません。きっと、朝布団から出ても頭がボ〜としたままでお昼の時間帯でも瞼が重く感じ、仕事に打ち込めないほど倦怠感を感じることがあるはずです。

 

まずは、朝起きる時間を決めることから始めましょう。起きた後は外に出て朝日の光を感じるようにしましょう。その結果、脳から幸せホルモンであるセロトニンがぶわ〜っと分泌され、脳が目覚めてやる気をサポートしてくれます。なぜそれが有効な策になるのかというと、セロトニンが分泌された約15時間後にメラトニンという眠気を催すホルモンが分泌され眠たくなり、深くて質の良い睡眠を確保しやすくなるのです。概日リズムが整い始めると、やる気のコントロールと休息のリズムも整うので、もしかすれば、イミダペプチドのサプリメントを摂る必要はなくなるかもしれませんね。

 

1日1回のストレッチで筋肉を解そう

 

意外に侮れない疲労回復方法がストレッチで筋肉を解す方法です。イミダペプチドのサプリメントは回復よりも抗ストレス作用を狙った方法ですが、筋肉を適度に伸ばすストレッチ法は疲労の回復を促すための方法といっていいでしょう。社会人であれば少なくとも1度は肩凝りや腰痛を経験したことがあるはずです。それも実は筋肉が収縮したままの状態が続いたことで、疲労物質の乳酸がいつまでも代謝されずに筋肉内に残ってしまっている状態です。

 

それら乳酸は筋肉の収縮とは逆の力を加えて適度に伸ばすことによって分散し代謝されやすくなります。これこそがストレッチの疲労回復効果です。適切なやり方は、本屋さんでも体幹ストレッチや健康ストレッチなどのタイトルで販売されていますのでぜひ1冊入手しておきましょう。

 

ストレッチは正しいやり方でこそイミダペプチドのサプリメントにも負けない疲労回復作用を発揮してくれます。その逆に誤った方法でストレッチをしてしまうと、筋肉に外傷を与えることになるので注意してくださいね。