イミダペプチドは定期購入よりその都度買いがお薦め

イミダペプチドのサプリメントを購入する際、日本予防医学の特設ページから申し込むと定期購入かその都度買いを選ぶことができますが、個人的にお奨めなのは、必要としている時に必要な分だけ購入する方法。値段で比較すると定期的に購入することで1割引きが適応される分コストパフォーマンスが優れているように思えます。でも、体内でイミダペプチドの濃度が一定のレベルまで高くなるのは飲み始めて約2週間後。ストレスに耐えうる体内環境を維持するのに、毎回イミダゾールジペプチド(カルノシンとアンセリン)を摂る必要はないと思うんですね。

 

一度、抗疲労効果が発揮される濃度までイミダペプチド濃度が高まれば、必要外の有効成分は尿や汗で排泄されるかもしれません。そうなれば、飲んだイミダペプチドのサプリメントの多くがムダになる。維持するために、適度に鶏肉や鮪肉を使ったメニューを100gほど食べていれば骨格筋内のイミダペプチド濃度は十分維持できると思います。

 

そんなわけで、イミダペプチドはとりあえず定期購入ではなくその都度買いを選ぶようにしておけば問題ないと思います。2カ月に1回ほど心身が疲れやすくなっているかどうかをチェックしたり、健康診断等で内臓疲労等もチェックするなどして、イミダペプチドのサプリメントを買うべきかどうかを検討すると良いでしょう。もちろん、食事で抗疲労成分を補うのが面倒な方はその限りではありません。ただ、定期購入をされる場合は飲まないと日々溜まってしまう欠点があることは事前に記憶に留めておきましょう。

 

追記:定期購入の場合、お届けの周期を変更することができるメリットがあるようです。具体的には15・30・40・60日周期を選ぶことができるので、ご自身が疲労しやすい周期がおおよそわかっている場合には定期購入を選ぶことにもメリットがありそうですね。またイミダペプチドの種類をサプリメントからドリンクタイプへと変更することもできるそうです。

 

定期購入するかどうかは判断に迷うところですが、抗疲労成分を効率的に補いたい場合は定期的に届くシステムを利用するのもいいでしょうね。いずれにせよ、イミダペプチドは継続的に摂らないと疲労の軽減効果は期待できないので、鶏の胸肉やマグロやカツオなどが苦手な方、食が細い方などは、イミダペプチドサプリの定期購入を利用すると効率的な抗疲労成分を摂取できます。

 

買うベストタイミングは血液検査でわかる

 

次に問題となるのが、その都度買いでイミダペプチドのサプリメントを申し込むタイミングでしょう。ベストタイミングを知るには病院等で血液検査をすることでわかります。デスクワーカーかアスリートかによって参照すべき項目が違いますが、今回はスポーツに携わるアスリートの方を対象に以下の要素が示す数値を参照にすることである程度のストレスレベルがわかり、イミダペプチドを飲むタイミングや頻度もある程度判明すると思います。

 

尿素窒素(UN)・・・正常値は8〜22mg/dlでストレスによって値が低くなります。全身の疲労を感じる時に注意
CPK・・・・クレアチンキナーゼのことで筋肉の損傷程度によって数値が高くなる
AST/ALT・・・肝機能を示す数値でALTの数値がASTより3以上の低くなっている場合は疲労が溜まっていることになる

 

健康診断の血液検査等で疲労が蓄積しやすいと診断された場合は、早めに鶏胸肉や鮪や豚肉を使った料理を意識的に食べましょう。毎日食事で疲労回復を促すのが難しい場合はイミダペプチドのサプリメントを選ぶと効率的です。また、その際はその都度買いを選ぶと毎回商品が送り続けられる定期購入よりも経済的な負担も少なくなります。ドリンクかソフトカプセルのどちらでも購入方法を選ぶことができますので飲む方が続けやすいと思えるほうを選